女性

葬儀は実績のある会社に任せるのが一番いい

形式と式場を決める

線香

斎場は民営と公営がある

柏原で行う葬式のスタイルは宗教によって異なります。仏式、神式、キリスト教式、無宗教式では、葬祭具やその飾り方が違いますし、式次第や進行法なども違います。また、例えば仏教の家でも故人がカトリック信者の場合は、カトリック式で行うことが多いです。これはまた、喪家の考え方や故人の遺志によって変わるものです。簡素な葬式を行いたい柏原の喪家ならば、派手な飾りつけは好みませんし、故人が特定の会葬者だけを指定すれば、式次第の内容もそれらしくなるものです。最近、柏原では自宅で葬式を行う家は少数派となり、自宅に代わる会場には斎場、寺院、教会、集会所、公民館などがあります。中でも柏原の斎場の需要が高まっています。自宅が手狭だったり、近隣住民の迷惑を考慮し葬祭施設を利用する際には、事前に施設の設備状態や利用料金などを調べておきましょう。葬祭施設は施設ごとに規模設備料金が違うので喪家によって向き不向きがあるからです。斎場には大きく分けると民営斎場と公営斎場があります。民営斎場は会社葬式や互助会が経営するもの、寺院斎場は仏教寺院が運営管理するもの、公営斎場は自治体の市区町村が運営管理するものです。民営斎場や寺院斎場は、施設設備や葬祭サービスが充実しており、公営斎場は料金が安いのが特長です。喪家は斎場の特徴を確認してから使用する斎場を決めるようにしましょう。自宅から近くて使いやすく、自分達の葬式や規模や予算に合う斎場を選ぶよう心掛けてください。