女性

葬儀は実績のある会社に任せるのが一番いい

お葬式の仕組み

数珠

通夜から火葬までの流れ

人が亡くなるとお葬式があります。平野区でも、身内が亡くなったらまずはお葬式の準備に取り掛かる必要があります。お葬式の流れを三段階に分けると、「通夜、葬儀、告別式」です。通夜は通常、亡くなった日の当日に行います。通夜は夕方6時くらいに始まり、僧侶がお経を読み上げ、遺族や弔問客がお焼香をします。そして通夜の終わりには、簡単な食事をする通夜ぶるまいがあります。通夜ぶるまいには、弔問客に対するお礼や、故人に対する供養の意味合いがあります。葬儀は本来、遺族や親族だけが参加して行う厳粛な儀式でした。一般会葬者が参列できるのは告別式だけで、告別式では故人の棺に花を入れて最後のお別れをします。しかし、最近は平野区でも葬儀と告別式を別け隔てなく行うケースが多くなっています。その場合は一般会葬者も葬儀に参列できます。平野区の斎場にもよりますが、葬儀が開始されるのは、だいたい正午か午後1時くらいからです。葬儀でも通夜と同じように、僧侶のお経の読み上げがあり、遺族や参列者全員のお焼香があります。また、弔事や弔電の読み上げ、喪主によるお礼の言葉などもあります。平野区でも火葬場が併設してある斎場の場合は、告別式のあとそのまま棺を火葬場に運んで火葬をします。火葬場が遠くにある場合は、霊柩車に棺を乗せ、火葬場まで運びます。遺族や親族はマイクロバスで火葬場まで移動します。葬儀、告別式、火葬とすべて済むのは半日ほどです。